補助金について

(住宅ストック循環支援事業)

平成28年度第2次補正予算が成立し、
住宅ストック循環支援事業が開始されました。

それを受け、
けんちく工房紬でも補助金を受けられるリフォームを受付けます

大きく分けて3つの項目となり、概要は以下となります。
(国交省のホームページから抜粋させていただいています)
また、それぞれの最後に国交省の各チラシへのリンクを貼っていますので
そちらもご参考下さい。

このページの最後には事例を使ったポイント(補助金額)も
載せていますのでご参考下さい。

不明点ありましたらお問い合わせいただければ
ご説明いたします。

1、既存住宅の流通
 条件》・40歳未満の者が既存住宅を、自己居住用の住宅として購入すること。
    ・インスペクションが実施されること
    ・既存住宅売買瑕疵保険が付加されるもの
 
 補助額》・インスペクション  5万円/戸
      ・エコリフォーム  50万円(耐震改修を行う場合は65万円)
       (エコリフォームについては次の「2」に記載)

詳細は 国交省HPをご覧ください

2、エコリフォーム
 条件》・自らの居住する住宅をエコリフォームすること
    ・耐震性を有すること

 対象工事》①開口部の断熱改修 (複層ガラスへ交換、内窓設置、ドア交換)
      ②外壁、屋根・天井又は床の断熱改修(規定量あり)
      ③設備エコ改修(5種類のうち3種類以上を設置)
      上記①~③のいずれは必須。
      以下④は併用で補助対象になります
      ④A、バリアフリー改修
       B、設備エコ改修
       C、木造の劣化対策工事
       D、耐震改修
       E、リフォーム瑕疵保険への加入
 補助額》各部位によって補助金額が決まっています
       (面積や大きさによって変わります)
      限度額:30万円/戸(耐震改修を行う場合は45万円/戸)

詳細は 国交省HPをご覧ください

3、エコ住宅への建替え
 条件》耐震性を有しない住宅を除去した、または除去する方が自己居住として
    エコ住宅を建築する
 補助額》30~50万円/戸

詳細は 国交省HPをご覧ください

ポイント事例
エコリフォームの対象となるいくつかの施工事例をご紹介します

A、窓の断熱改修
窓の大きさにもよりますが3,000~20,000円/ヶ所