主なことを一人で行っているために、何でもできるわけではありません。
「できること」「できないこと」「できるけれども時間が必要なこと」
“紬の家”を考える方には常に言っている事なのです。

 一緒に家を造りましょう

よく「家は一生で一番高い買い物」、なんてことを耳にしますが「??」
家は“買う”ものではありません、“建てる”ものなんです。

それに“買う”と思うから『高い』『安い』という判断になってしまうんです。
家を建てるという事は他のものと違い、できたものを見てそれ自体を購入するわけにはいかないものです。

あなたの想い描いているを形にするための値段です。
高い・安いだけの“値段”に惑わされないでください。

本当に大事で、本当に感じてもらいたい大切なことは“価値”ではないのでしょうか

 建ててからがスタートです

家は“造る”事も重要ですが、それが全てではありません。

最も大事にすべき事は“住んでから”です。

良い家を造るのは大工として当たり前のこと。
お引渡しの後は、“村上法和”と“お施主様”という対等の立場の人間として、より長いお付き合いをさせてもらいたいと考えています。

そんなお付き合いの中で、“家守り(いえもり)”として、家がそこに建っている間はアフターメンテナンスをしていこうと思っています。

 造り手の顔が見えてますか

あなたの家は誰が建てますか?

「頼んだ会社」ではないのです。
そこの会社の下請けに入っている“大工”が建てます。

それでは、その会社の大工さんと綿密な打ち合わせができますか?

きっと「会社を通してからにして」と言う答えが返ってきます。

これは僕の経験でもあります。
ある会社の手間請け大工だった頃、
現場に来てくれたお施主様に対して
「僕にはお答えできません」と言うしかありませんでした。
そこには「聞かれても会社と打ち合わせをしてもらうように言って下さい」
との、会社からの言葉があるからでした。
何度となく嫌な思いをさせ、嫌な気持ちになったことでしょう。

それでは、思ったとおりの・お施主様のイメージしている家には程遠いよな、と思っていました。

一般的な会社では
営業さんが聞き→監督さんに報告→業者さんに依頼
何人もの伝言から成り立っています。

それが嫌で、下請け業はきっぱりとやめました

自分が打ち合わせて、自分が造る。
これ以上、間違えのない家造りはないと考えたからです。

“顔の見える家造り”
当たり前のようでできていないことを実践しています。

 一人の力です。お待たせしてしまうこともあります

 お施主様から預かった大事なお金、極力お施主様のために。

当然の話・・・と思われるかもしれませんが、実際は悲しいかな、程遠いのが現状です。しかも会社の規模が大きくなればなるほど・・
莫大な人件費や広告費用。すべてがお客様のお金から出ているのです。

紬では設計業・監督業・大工、その全てが私自身。広告費用も必要最小限に抑え、預かったお金は極力お施主様のために使えるような努力は欠かしません。

 全てにおいてのスペシャリストではありません。

設計・監督・大工をやっている私はすでにいっぱいの状態。
(その中の設計は言い方は少し悪いかと思いますが
半分趣味でやっていると自分の中では考えています)
そんな中、他の屋根・外壁・サッシなどなど、
すべてのことまでは最新の情報を入手するのは困難。

それをカバーするため、頼れる協力業者さんがバックアップしてくれています。
知らないこと・新しい情報を常に勉強してくれ、教えてくれる。

そんな仲間に支えられているからこそ、けんちく工房紬が頑張っていられるのです。
そんな仲間がいるからこそ、まとまる一軒の家。
私自身は全てにおいてスペシャリストでもなんでもないんです。

 安いだけの家は造りません

私自身も建てる家に対して愛着とこだわりを持って仕事をします。
お施主様にも私以上の思い入れと愛着を持って欲しいと考えます。

他のハウスメーカーさんと比べるのは全然問題ありませんが、ただ単に値段だけを比較するのはやめていただきたいです。

けんちく工房紬としては、「予算内でより良い家造り」を提案させていただきます。

 営業活動は一切しません

家を建てるタイミングは住む人が決めるもの。

こちらから急かせるようなことはしません。
いつでもお客さんのタイミングでお越しください。

そして気に入ってくれたら再度お越しください。
その時は精一杯のアドバイスをさせてもらいます。

また、大工であり設計屋としての自信と誇りがあります。
逆に営業はできません、性格上。
訪問は一切いたしません、お約束いたします。