けんちく工房紬では
エネルギーをなるべくかけずに、
気持ち良く暮らせる家造りを目指します。

「長期優良住宅」に対応

断熱性や耐震性といった性能を上げ、
1次エネルギーの使用量を減らしながら
かつ、快適に過ごせる家を長くもたせる。

以下のようなことを取り入れています

構造

骨組み

地震や風(台風)などの力が加わった時に
耐えられる“建物全体の強度”アップ。
大地震に対して倒壊することの無い様に
スジカイでカバーします。

「スジカイ」は多く入れれば良いというわけではありません
バランスを考え、外力が加わった時に
建物がねじれないように考慮します。

カギを握るのは断熱性

セルロースファイバー

冬も夏も大活躍する断熱材。
色々な種類があります。
けんちく工房紬では
外壁面は充填工法による「セルロースファイバー」
屋根面は外断熱工法による「フェノールフォーム」という断熱材を使用。
いずれもトップクラスの断熱性能で省エネ等級4を目指しています。

また断熱材には冬場、遮熱材ではね返した
暖かい空気を蓄える役目も果たすため、
素材も慎重に選別します。

遮熱で効率アップ

遮熱シート

外壁材と断熱材の間、
屋根と断熱材の間に入れるアルミシート。
シートで建物をスッポリと囲うイメージ。

夏は外部の暑い熱を跳ね返し、
冬は内部の温めた空気を外に逃さずに
断熱材に熱を蓄える。

たったそれだけですが
この一枚があるとないとでは
光熱費がだいぶ変わります。

通気層

通気層

外壁と断熱の間に空間(1.5cm程度)を作り
土台から取り入れた空気を
屋根のてっぺん(棟といいます)から排出させます
空気を常に流すことによって
“内部結露”の発生を抑え、
構造体の痛みから守ります。

また、遮熱材を使う建物は
遮熱材が跳ね返した熱を
空気の流れと共に排出させるので
より効果が期待できます。

長くもたせるためには

愛着のある我が家を長く持たせるには
日頃のお手入れが必要です。

・定期的な点検、お手入れ
・交換可能な設備、その配管
・家族構成が変わっても対応できる可変性をもたせる

など、出来ることは普段やってもらい、
定期的に床下・天井裏を点検に行きます。

設計で考えていること

地域によって強く吹く方向が変わるため、現地調査を行った上で
家の中に呼び込む風向きを決めます。

風通しを考える

基本的には南から北に抜けるように、南(風の入り口)を大きく
低い位置に、北(出口)を小さく高い位置に設け、
効率良く風が家全体に行き届くよう窓の位置を決定していきます。

自然な風を取り込むことによって、夏場に涼しい風を感じられるでしょう

日当たりを考える

地域や家族構成、生活スタイル、価値観などによって設計内容は大きく変わってきます。
紬の家造りでは以下のような事に心がけて
建築されたご家族様が心地よく暮らせるよう、計画していきます。

冬場のことを考え、太陽の恵みも頂きましょう。

お勧めしたいのは“ハイサイドライト”
字のごとく、高い位置に窓をつけることで
(吹き抜け・勾配天井の高い位置など)
部屋の奥まで光を差し込むことができます。

“トップライト”はと言うと
コスト・雨仕舞いの点からお勧めはできないのですが、
北側の部屋が暗くなってしまうときなどは
つけても良いでしょう。
南面につけてしまうと、
太陽光が直接入るので冬場は良いのですが
夏場は大変暑くなってしまうので注意が必要です。

デザインよりも日々の使い勝手

けんちく工房紬では
“ホテルのような家”よりも
ずっと使っていく上で大切な
「家事動線」を大事に考えます。

パッと見は地味かもしれませんが
10年、20年と住んでいく自分たちの姿を想像しながらの
我が家造りをおススメしています

家族の気配を感じられる家

家族といえどプライベートな空間を造ることも大事ですが
気配は感じられるような間取り・動線も考慮します。

例えば
子供が帰ってきたこと・出かけることがリビングにいながら感じられる、
キッチンで作業しながらリビングを見渡せる、
吹抜けを通じて2階の子供部屋がわかるなどです。

施工例集について

けんちく工房紬では
お施主様のプライバシーを考え、
掲載はいたしません。

しかし、お問い合わせいただければ
データをお送りいたしています。

メールにて「施工例集希望」と明記し、
住所・お名前をお願いします。